So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

営業の案内です [仕事]

blog用名刺.jpg

「個人史アルバム」を制作しました。 [仕事]

 昨年手がけた新しい仕事で、80歳を越えたお客様個人の人生を振り返った個人史アルバムを制作しました。個人情報になるので写真はご紹介できませんが「私の歩んだ道」というタイトルで、A4判ハードカバー、48頁の写真集です。私としては、お客様が選んだ人生の節目節目に想い出のある写真約160枚に、ご本人の追想文を付加した写真による自分史づくりとしてお手伝いさせていただきました。お客様のご希望は1冊のみの制作でしたが、完成したモノをご親戚に見せたところ、ぜひ複製が欲しいという希望があり、後で2冊追加しました。フジのフォトブック製版を使いましたので、1冊あたりの単価は12,000円程度ですが、写真のデータ化、補正、テキスト編集などの作業で、延べ48時間ほど費やし、編集手数料として約35,000円程頂きました。
 制作しながら思ったことは「人に歴史あり」そのものでした。制作過程でご本人から色んな思い出話を聞かせていただき、お客様の人生の1部を追体験させていただいた感があります。貴重なお話を聞かせていただいたことに感謝しております。
 人間、歳を重ねると徐々に自分の人生を振り返るようになります。そして、自分の軌跡は自分1人のモノではなく、自分を育てた両親、その祖先、環境によって形づくられてきたことを思い知るのです。自分につながる先人たちの軌跡を知ると、自分の後を歩む家族の幸せな未来を願わずには居られません。私自身もこれから父や母の記録をまとめるつもりです。時代と共に家族や親戚のつながりが希薄になりつつある今、あらためてその意味を問い直してみられることを、すべての人に訴えたいと思います。

 昨年春には、子供たちがお世話になった中学校が新中学校への統合により、60余年の歴史を閉じました。「閉校記念誌」の制作にも携わり、地域発展の歴史と共に歩んだ中学校の記録が後世に残るよう、DVDの制作と併せて編集させていただきました。なんだか「編集」の多い1年だったようです。

卒園式 [仕事]

 先週で予定していた幼稚園、保育園の卒園式撮影がすべて終わりました。卒園式.jpg
毎度の事ながら改めて子供の成長の早さを感じます。入園したときは、あれほど小さかった園児が、卒園するときにはもうすっかり小学生の顔になっています。式の最後の「わかれの言葉」…凜々しい我が子の姿に思わず目頭を押さえるご父母の皆様の心情を思うと、こちらまでもらい泣きしそうになります。
 今期は中学校の閉校式にも係わったので、大変忙しい年度末でした。函館市内の「少子化」の波のすさまじさに一抹の寂しさとともに、将来の不安を禁じ得ません。子供から青年、若者達こそが私たちの未来そのものです。個人的に思うことは、子供や若者達が元気な町を作ることこそ、地域活性化の本題であると…新幹線開業がその契機になることも期待しつつ、自分に何が出来るか、チャレンジしたいものです。

もう年の瀬 [生活]

12月に入って幼稚園・保育園の発表会、もちつき、クリスマスの撮影がありました。サンタ.JPGもちつき.JPG
これからさらにもちつきとクリスマスを1つずつ撮影する予定です。それと並行してアルバム編集と年賀状デザインの注文があります。ぎりぎり25日までは余裕無し。自分の年賀状はどうしよう?12年前の年賀状で撮影した湯の川の猿…この猿たちの「のんびり感」がうらやましい。さる.jpg

羊蹄山の水 [たべもの]

ふきだし.jpg
京極町の吹き出し公園に行ってきました。流れ落ちる水に手を入れると冷たくて10秒もすると痛くなります。羊蹄山の雪解け水が地表に吹き出しているのだと実感しました。
綺麗に整備された公園には多くの人が…半分以上は中国からの観光客のようでした。日本のキレイな水に関心が高いようです。
近郊の牧場が生産した牛乳で作ったソフトクリームは濃くて美味しく、良い水が良い牧草を育て、それを食べた牛が美味しい牛乳を出してくれるんですね。

ベランダから花火 [生活]

花火-S.jpg

夕方、雨が降ったので「今年もまたダメか」と思ったら夕闇が迫る頃にはきれいな夜空に。夕食を終えて一休みしていたら、ドドーンと音。カーテンを開けてみれば例年以上にくっきりと見えるではありませんか。8月1日の花火大会、港祭りの幕開けです。

久しぶりにきれいな桜 [生活]

桜_02.JPG今月24日には、五分咲き程度、26日には満開、29日には散り始めたこの写真です。空のうす汚れが少し気になりますが、桜は精一杯咲き誇っています。桜_04.JPG
南米チリのカルブコ山が54年ぶりに大噴火したニュースも入ってきました。この噴煙は成層圏まで達するものでおそらくジェット気流に乗って1、2週間で地球を一周すると思われます。
10df7f64.jpg
普段でさえ、黄砂とかPM2.5とかでスカッと抜けるような青空が見られない昨今ですが、大気が少し汚れる事によって、朝日や夕日がより赤くなるという「恩恵」もあります。

甲子園に熱くなる [スポーツ]

 久々に地元北海道が決勝に残り、道民の期待が高まっている。夏の「深紅の優勝旗」獲得は2004、2005年にに駒苫が達成したが、センバツの「紫紺の優勝旗」はまだ津軽海峡を渡った事がない。私の記憶には52年前の北海高校の準優勝が今でも鮮烈に残っている。エース吉沢を擁した北海は当時の名門PLや早実を逆転に次ぐ逆転で破り、決勝ではエースが力尽きて下関商業に10対0で敗れたが、当時「雪国のハンディ」をはね返した活躍に多くの道民は歓喜した。
 後で知ったのだが、このとき下関商業のエースだったのが、後に西鉄ライオンズで鉄腕稲尾のエースを引き継いだ池永正明だった。1970年無実の野球賭博で球界を追放され選手生命を絶たれたが、2005年に名誉回復している。

 この対決、妙に因縁づけてみてしまうのは、私の勝手な思い込みだろうか。
NHK朝ドラ「マッサン」の主舞台の北海道 vs 同じく「まれ」の主舞台北陸。また今年新幹線が開通した北陸 vs 来年乗り入れの決まっている北海道。…なんか立ち位置が似ている地域同士の決戦なのである。道民としては当然東海大四を応援するが、大阪桐蔭を11対1で破った敦賀気比にも畏怖を感じる。
 大沢くん、2打席連続満塁ホームランの松本くんを抑えられるかどうか、いやなんとしても抑えて欲しい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00000060-dal-base

こどもの写真も春休み [仕事]

 幼稚園、保育園の写真も春休みです。卒園式までの写真を入れたアルパム制作や、写真の整理などで仕事は休みなく続いていますが、撮影だけは一休み。新学期の撮影の準備にかかっています。
ここに案内するのは幼稚園・保育園の行事です。孫のようなこどもたちの笑顔や泣き顔に元気がもらえる楽しい仕事です。こどもの写真.jpg
 父母の皆さんも参加出来る行事では一所懸命に写真やビデオを構えていますが、たまにはファインダーから目を離して、二つの目でこどもたちの姿を記憶に焼き付けて欲しいと思います。ファインダー越しに見る映像って狭いでしょう。そして意外なことに記憶に残らないモノですから。
 こどもたちはひとりで演技や競技をしているのではなく、お友達と目を合わせ、互いに反応し合って過ごしています。その目配せや息づかいを感じて下さい。記録としての写真は私が引き受けます。

新幹線がやってくる [ニュース]

北陸新幹線の開通で東京-金沢間が2時間30分で結ばれたそうです。
一方、来年の開通を目指す北海道新幹線は、新函館北斗-東京間を最短4時間10分で走る事を目指しているそうです。今工事が急ピッチで進む新函館北斗駅は今こんな感じです。でかい駅です。
新函館北斗.JPG
テレビやラジオ、新聞などマスコミは概ねワクワク楽しみな特集を組んでいます。見ているボクもなんだか楽しみな気がします。なんか開通するだけで、いっぺんに経済が良くなってモノや人が忙しく行き来し、楽しい事がワンサカやってくるらしいです。生活も良くなるかも知れません。すると誰もが年に何度かは新幹線に乗って旅行に行ったり離れている家族や親戚に気軽に会いに行けるようになるのかも知れません。ボクはディズニーランドやUSJに行きたいと思います。ホントにそうなるといいと思います。
八幡小学校3年 ○○哲也
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます